Top >  保育士の基本 >  保育士と幼稚園教諭の違い

保育士と幼稚園教諭の違い

子どもに携わるお仕事で

保育士の他にも、

幼稚園教諭もありますよね。


保育士と幼稚園教諭の

違いって何だかご存知ですか?


保育園と幼稚園ってありますが

まずはこの違いから。。


保育園と幼稚園、

子どもに関わるお仕事という点では

共通していますよね。


違う点というのは、

まず管轄の問題があります。


保育園は、

厚生労働省が管轄する

児童福祉施設です。


幼稚園は、

文部科学省が管轄する

学校教育施設なんです。


そう考えると、

なんだか難しい。。。


少しくだいてご説明していきますね。


保育園ですが、

子どもを預かるという施設ですので

0歳から預けることができます。


しかし、入園(入所)条件として

保護者が仕事や病気などで

保育に欠ける状態ということが条件です。


さらに、市町村が入園の可否を判定するので

各園との契約ではなく、

市町村と保護者間での契約となるんですよ。


次に幼稚園ですが、

入園に必要な条件はありませんが、

教育が目的の施設なので3歳からの入園になります。


しかし、よく耳にするかと思いますが

受験が必要な幼稚園もあるので、

その場合は合格しなければ入園はできませんね。


さらに保育園と異なるのは、

契約が幼稚園と保護者間で

交わされるということです。


市町村を通す必要はないんですよ。


おおまかな幼稚園・保育園の違いは

分かっていただけたでしょうか?


保育園は児童福祉施設となるので、

保育士。


幼稚園は学校教育施設となるので、

幼稚園教諭となります。


幼稚園教諭は

学校の先生の立場と同じ事です。


保育士と幼稚園教諭の違いは、

保育と教育であること以外に

大きな違いはありません。


保育士は

遊びを中心に保育を、


幼稚園教諭は

学校の教育に近いものを

子ども達に指導しています。


保育士は

保育所保育指針にそって、


幼稚園教諭は

幼稚園教育要領にそって

日々の活動をしているということです。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

保育士の基本

保育士を目指している・興味がある方に、
知っておいてほしい情報を掲載しました☆

このページを見ていただくと、
保育士の昔と現在・未来を分かっていただけると思います

関連エントリー


保育士のお仕事の昔と現在
保育士に向いている人とは
保育士の役割とは
保育士と幼稚園教諭の違い
幼保一元化とは









Yahoo!ブックマークに登録