Top >  保育士の基本 >  幼保一元化とは

幼保一元化とは

幼児関係のお仕事を目指す方には

是非、知っていてほしいのが

幼保一元化です。


耳にしたことはあるけど、

よく分からない方も多いですよね。


それでは、分かりやすくご説明します!


幼保というのは

幼稚園と保育園にあたります。


かなり簡単にまとめてしまうと、

幼稚園と保育園を

一体化したものになります。


「保育士と幼稚園教諭の違い」にも述べましたが、

幼稚園と保育園には多少の違いが存在します。


そこを上手く

一体化した園を設立しようという

試みが幼保一元化です。


長時間預かってほしい

土日も預かってほしい

という要望がよせられるようになり、


幼稚園と保育園の境界線が

あいまいになってきていたのも事実でした。


しかし、国が動くのには

時間がかかりすぎます。


そこで自治体が地域のニーズに合わせた

仕組みを作っていくケースがあります。


全国でも幼保一元的な園が

年々増えてきていますよ。


『幼保園』と仮称しているようですが

3歳未満児の受け入れや、

保護者の就労の有無に関わらず入園することができます。


幼保一元化に伴い、

保育士免許・幼稚園教諭免許どちらもなければ

これからの幼保園の就職は厳しいようですね。。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

保育士の基本

保育士を目指している・興味がある方に、
知っておいてほしい情報を掲載しました☆

このページを見ていただくと、
保育士の昔と現在・未来を分かっていただけると思います

関連エントリー


保育士のお仕事の昔と現在
保育士に向いている人とは
保育士の役割とは
保育士と幼稚園教諭の違い
幼保一元化とは









Yahoo!ブックマークに登録