Top >  保育士に必要な能力 >  保育室内の装飾

保育室内の装飾

保育室って見たことありますか?

壁とか天井に装飾していませんでしたか?


子どもの立場にたつと、

シンプルな部屋よりも目をひくものがある方が

嬉しいですよね。


そこで子ども達が楽しく過ごせるように、

保育室の楽しい雰囲気づくりも

保育士の能力に自然と必要になるんです。


保育室内の装飾で簡単なのが

壁面ですね!


保育室の壁に

色画用紙等で動物やキャラクターを

作って貼ります。


同じ装飾で一年もしくは、

半年過ごす場合もありますが

理想的なのは季節ごと、行事ごとですね・・・


力を入れる園だと一か月で交換したり、

壁面では飽き足らずに

天井にモビールのように作ることもあります。


壁面は、乳児の組だと

絶対に欲しいものですね。


泣いたりしたときに見せると

泣くことから、

壁面への興味に切り替わります。


ただ保育士が全部作るだけでなく、

子どもも参加する手もあります。


子どもに色を塗ってもらったり、

切る作業を手伝ってもらったり

なかなか味のある作品に仕上がりますよ。


保護者の目も普通の壁面に比べ、

我が子の作品はどれだろう・・と

じっくり見てくれますよ。


保育士や幼稚園の先生のアイディア集で、

『ピコロ』『プリプリ』といった

情報誌も販売されているので、活用できますよ。


あとは保育士独自のアイディア次第で、

保育室は素晴らしいものになるんです!


保育士に必要な能力として書きましたが、

装飾は働いているうちに

自然に身に付くものですよ。


あまりきばらずに、

楽しんで装飾してくださいね。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

保育士に必要な能力

保育士に必要な能力を経験を踏まえながら掲載しました☆

関連エントリー


保育士はピアノ必須
保育室内の装飾
保育行事の計画・指導
保護者との対応力









Yahoo!ブックマークに登録