Top >  男性保育士の実情 >  男性保育士は増えています

男性保育士は増えています

保育士と聞くと

女性のイメージが湧きませんか?


昔のイメージだとそうなんです。


しかし男性諸君!

男だから・・といって

保育士を諦める必要はありませんよ。


最近では男性も

保育士目指して奮闘中なんです。


実際に、

男性保育士を採用している園は

増えていますしね。


仕事に男女の差はないんですよ。


女性は母性・男性は父性と

目には見えなくても

自然に現れる部分ってあるんですよね。


子どもはそういうモノに対して

敏感なんです。


私が勤めていた園に男性保育士がきたとき、

子どもがこんなことを言っていました。


『ボク、男の先生好き!だって、待ってねって言わないで抱っこしてくれる』


納得しました。。


性格的なものがないとは言えませんが、

たしかに女性保育士に比べて

子どもの要求にすぐに応えてくれるのは男性保育士なんですよね。


特に体力的な面では

男性保育士は魅力的です。


男性の方、体力だけ!?

なんて思わないでくださいね。


先にも書いたように、

目に見えないものが

女性・男性共にあるのですから。。


女性が多い職場ですので

男性の場合だとなにかと人間関係で

苦労することはあるかもしれません。


忍耐強く仕事をこなす自信がないと続きませんね。。。


また、男性保育士が珍しく思われる園が多いので

保護者からも注目され、

良くも悪くも話題になります。


ただなんとなく、保育士を目指そうかなぁ・・

なんて軽く思っているのなら

やめてくださいね。


でも、男性保育士さんは

人気者になれる確率が高いんですよ。


動きもダイナミックだし、力持ち!

実は女性保育士より優しい人が多い。。


男性保育士を目指している方、

照れてモジモジとしていると逆に目立ちます。

自分を捨てて仕事をする覚悟で目指してくださいね。


厳しいことを書いたかもしれませんが、

現場での実情です。


それを踏まえた上で、

頑張れる!と思える方にしか勤まりません。


でも、頑張っている男性保育士も

年々増えているのも事実ですよ。


そして何よりも、保育に大切なことが

ちゃんと見てくれている、ちゃんと聞いてくれている

という子どもの安心感・信頼を得ることです。


これは男性保育士にだって

大いに可能なことですよね。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

男性保育士の実情

まだ女性に比べて少ない男性保育士の、
メリット・デメリットを掲載しました☆

関連エントリー


男性保育士は増えています
保護者から見た男性保育士
男性保育士の苦労とは









Yahoo!ブックマークに登録