Top >  いろいろな保育士 >  児童養護施設

児童養護施設

保育士って乳児や幼児を対象にした

職業だと思われがちですが、

この施設の名称は『児童養護施設』ですよね。


名称に【児童】と入っていますが、

児童養護施設にも

保育士の役割ってあるんですよ。


児童養護施設にいる子どもは、

乳児以外の18歳までの児童です。


しかも、保育園等のように

通園(通所)するのではなく

入所施設なんです。


入所児童と職員が

生活を共にする施設です。


就学児童は施設から学校に通い、

未就学児の保育の役割が

保育士にあります。


さらに、児童への遊びの指導・

提供も必要ですね。


児童養護施設の場合、

虐待を受けたり、保護者がいないという理由が主で

心に傷をおった子ども達も多いんです。。。


心の傷のケアはカウンセラー等の

専門の方が治療にあたります。


生活を共にする上では

保育士の対応も

気をつけなければなりませんね。


対象児の年齢も幅広く、

精神的な発達も著しい時期の子ども達ですので

保育士に求められる役割も幅広い施設ですね。。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

いろいろな保育士

保育士と一言でいっても奥が深い職業です
6施設の保育士の仕事内容・施設の説明を交えて掲載しました

このページを見ていただくと、
保育士の活躍の場を知ることができますよ☆

関連エントリー


保育園(保育所)
乳児院
児童養護施設
情緒障害児短期療養施設
知的障害児通所施設
病棟保育士









Yahoo!ブックマークに登録