Top >  現場保育士の心得 >  常に周囲に気を配れる保育士  

常に周囲に気を配れる保育士  

子どもと過ごしていると、童心にかえって

ついつい一緒に遊びに夢中になってしまう時が

気づくと多々あるんですよね;


もちろん子ども達は保育士が、

一緒に遊んでくれることは大喜びです。


子どもと一緒に楽しむことは、

とても大切なことです。


しかし保育士は

保育する立場まで忘れちゃいけませんよね。。


保育士は遊びながらも

周囲の子ども達の様子に

気を配らなければいけません。


転んだ子どもはいないか、

ケンカしている子どもはいないか、

泣いている子どもはいないか・・・・


子ども達の行動は予測不能です;

次の瞬間に何をやらかしているか分かりません。。


保育士は一点に集中してみるのではなく、

子ども達がいる全体に集中して

気を配っていかなくてはいけませんね。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問の保育士希望の方達が見ている人気ページです】


学校へ行って、保育士を目指す人はこちらへ

自分で資格を取って、保育士を目指す人はこちらへ





         

現場保育士の心得

現場の保育士になるにあたって、
心得ていてほしいことを掲載しました☆

現場の保育士になっている方でも、
初心にかえって見てほしいページです

関連エントリー


新人保育士が注意すること
子どもを見守れる保育士
常に周囲に気を配れる保育士  
保育士の虐待を見逃さない









Yahoo!ブックマークに登録